幸せそうな毎日を送っているように見えていたのですが昨今対話を受けました。それは、夫のマザコンという継母の夫人いびりだ。夫のマザコンは、付き合っておるうちからちょっとは分かっていたようですが、結婚してから耐え難いみたいです。主旨的には、傍らは妊娠しているのですが、悪阻でダサイのにも関わらず実家に戻り、継母の作った手料理を美味しかったからと持って帰って来たそうです。一層、妊娠してから時間もあるので、編み物もしようかなと対話したところ、夫が「婦人にたのめばたちまちつくってもらえるよ!果てしなく上手なんだ!」というそうです。ひいては、婦人は冷凍食品なんぞ使わなかった、スーパーマーケットで買ってきたお副食なんて論外と言ってきたそうです。僕としても困ったものだと思いました。
ただし継母は業女子だそうで、はたらく奥様のニュアンスは思い付かんだろうなぁと思いました。腹が大きくなり、夫の実家に一緒に行った時折、継母にキッズの育て方に関しまして口出しされたみたいです。キッズは母乳で育てないと!おっぱいなんて論外!と言われたり、保育園に含めるなんてキッズが可哀想。情愛の少ないキッズになり噛み付いたり暴力を振るったり欠如になるなど言われたそうです。ひいてはキッズが肩こりになるなど。私の姉は保育士なのですが、こういう事柄は全品誤りだしそんな事は無いと言っていました。こんな感じの不平ものの対話にあたって逆鱗って心配になりました。